ミンダナオ島 ジェネラルサントス編

ジェネラルサントス編

久しく更新していなかったブログ。
仕事に忙殺されて更新できませんでした(泣)

さて、私は今フィリピンにいます。
ところはジェネラルサントスシティ(GeneralSantosCity)。
ミンダナオ島の最南端、すなわちフィリピンの最南端にある国際漁港で有名な都市。
もう少し南下するともうそこはインドネシア。
ここには、以前facebookで知り合った友達(もちろんフィリピン人)が何人かいて、たまに訪問したりしています。
今回は、その知り合いの一人であるオカマのPomelaが紹介してくれた女の子とのお見合いのためにこの地にきた次第です。
ちなみにマニラから国内線で約2時間弱。
フィリピン航空で往復約8,000ペソでした。
セブパシフィックだともう少し安くなると思います。

一般にミンダナオは危険地帯だと言われていますが、むしろマニラよりは治安が良く(といってもあくまでもフィリピンですからどこにいようと警戒は必要ですが…)、安全です。
これはフィリピンの地方に共通して言えることです。

IMG_1314

IMG_1298

IMG_1206

前述した通り、ここはマグロの水揚げで有名な国際漁港。
各種モールに行きますと、確かに魚介類はマニラよりは豊富ですし、それなりに新鮮な感じ。
また、カニやマグロ(恐らく小さいのでキハダマグロ)も比較的安く食べることが出来ます。
ただし、カニはマニラでもバクララン辺りの市場に行けば活きたカニを食べることが出来るのであまりメリットは感じないかな(笑)

反面マグロは確かに新鮮で美味しい。
写真はTuna bellyという、マグロの半身を独特のタレにつけてグリルしたもの。
私の大好物です。

ツナベリー

IMG_1241

さて、本日はオカマのPomelaから紹介してもらったババエの家に行ってきました。

ジェンサンの都市部よりトライスクルで30分ほど移動したところにあるこの村。
とてものどかで、自然に包まれた良いところです。
こちらのトライスクルは、マニラのそれとは異なり、後部に4人掛けの客室(笑)があります。
それにより、最大乗車人数がドライバーを含めずに5人を誇り、交通量が少ないせいか、ある程度遠距離まで行ってくれます。
基本的にタクシーが少ない田舎にあって、威力を発揮している感じ。

村の入り口には公営の市場があって、肉や魚そして野菜を格安で購入することが出来ます。
今回はバーベキューをやるということで、まずはこの市場に立ち寄り食材を調達することになりました。

購入したものは豚肉3キロ、大ぶりのカツオ1匹(こちらではTunaと呼ばれ、マグロもカツオも一緒くたです)、そして調味料一式にトウモロコシ5本、その他ソース用の野菜にバナナ他果物で1100ペソ。
んー、安い!

食材を購入したら、ババエの家へ。。

IMG_1238

こちらの家は、竹で編まれた壁に、トタン屋根。
キッチンは外での炭火。
トイレも外。
シャワーは地下から汲み上げた地下水で、男はパンツを履いたまま、女性はショートパンツにTシャツを着たまま体を洗うそうです。
広めの庭には、鶏・ひよこだけでなく、アヒル・子豚・大豚、はては牛に馬までが駆けずり回り、動物園さながら(笑)

家ではどこから調達してきたのかカラオケが用意されており、カラオケを歌いながらの宴会となりました。

IMG_1219

本日のメインディッシュのひとつであるカツオの丸焼き。
半身にもせず、血抜きをした後に切れ目を入れ、塩とスパイスをまぶして炭火焼きにしたもの。

IMG_1234

ご存知の通り、フィリピンでは丸焼きが多く、有名なのは豚の丸焼きレチョンバブイ。
この丸焼き、実はあなどれません。
私も最初は「豚の丸焼き〜!?」なんてバカにしていたのですが、どうしてどうして、この豚の丸焼きがなかなか美味。

ほぼ丸1日かけて炭火でトロトロ焼いているため、皮は北京ダックのようにパリッと、肉はチャーシューのようにジューシー。
子豚1匹で約3,000ペソなので、決して高くはないし、グループでマニラに来られた際にはぜひお試しあれ!

さて、お次は魚肉ソーセージの炭火焼き。
この魚肉ソーセージ、原色で毒々しい赤に加え原材料が不明で、最初食べるには勇気がいりましたが、これが日本の下手な魚肉ソーセージの味を遥かに凌駕する美味しさ!
焼いてよし、油であげてよしの一品で、1パック12本位入って170ペソ。
ビールのつまみに最高です!

IMG_1248

こちらは庭で収穫した天然のパイナップル。
輸送途中の船の中で熟したパイナップルとは違い、木の上で熟したパイナップルは本当に美味しい!
マニラ界隈でも、タガイタイ辺りに行きますと、広大なパイナップル畑があり、新鮮なパイナップルを食べることが出来るので、こちらもオススメ!
身近なもので、違いを体感出来るのがフィリピンの良さのひとつでもあります。

IMG_1249

IMG_1250

その他写真を撮り忘れましたが、豚肉の炭火焼きも!
こちらのバーベキューはチキンや豚がメイン。
特に豚肉は、独特のタレに漬け込んでから炭火で焼くため、味がしっかりと染み込んでいるのが特徴。
これを、醤油、カラマンシー、刻みトマト、刻みオニオン、あかとうがらし等で作ったタレにつけて食べます。

これがとても美味しいので、ぜひ現地に彼女がいる方はお試し下さい。
きっと作ってくれると思います。

バーベキューの後は、近くの海岸に移動して夕方数時間だけ過ごしましたが、途中でビールと小魚を再びマーケットで購入し再びバーベキュー。

IMG_1275

IMG_1265

IMG_1269

1日ひがなきままな過ごし方。

これがフィリピン流。

規格だらけの日本での生活とは違って、自由きままなフィリピンでの日々。

やめられません!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*