フィリピン危険情報(2015/12/27)

最近、ピンチュー倶楽部で話題のお話し。

ニノイ・アキノ マニラ国際空港で最近横行しているセットアップ。

空港内でいつのまにかバッグ等に銃弾を入れられ、突然チェックされる。
当然にこととして、バッグからは覚えのない銃弾が出てくる。
そこで、警察に行くか、この場でお金を払って放免されるかの二者択一を迫られることに。
金額は日本円で10万円程度とのこと。

それにしても災難である。

現地では孤立状況にある気弱な日本人の足元をみた、卑劣な手段。

これに関しては、ただただそうならないように防ぐしかないでしょう。

まず、どこで銃弾が仕込まれるかが不明なため、出来るだけ機内持ち込みだけの荷物にして、わが身から離さないようにしておいた方がいい。

次に、ショルダーバッグなどの、簡単に開くバッグ類は避け、出来るだけ開閉が困難な比較的堅牢なケース類だけで渡航するのがベストでしょう。

私が渡航する際に使うスーツケースは、機内持ち込みが可能なサイズ。
こういうリスクも含め、機内に持ち込むことによって、時間短縮にもなります。
また、マニラ空港では荷扱いがとても悪いため、スーツケースを乱暴に扱われて傷つくこともありません。
機内持ち込みが出来るスールケースは、それだけで一石三鳥ということになります。

ちなみに私が使っているスーツケースを紹介します。

一番の特徴はポリカーボネイトの素材で、軽くて頑丈であること。

取っ手も必要にして十分な強度をもっており、現時点で数十回の渡航にも耐えている愛用のスーツケースです。
開閉はジッパーなので、耐水性はないものの、その分軽いこと。
以外に中も広く、私はいつも3キロのお米を入れ、かつ多くの食材を運んだりします。
このスーツケースに小さなショルダーやウェストポーチを入れ、ホテルにチェックインするまではこのスーツケースだけに荷物を集約させておき、機内持ち込みの上、自身の身体から離さなければ、まず空港内のセットアップにハマることはないと思われます。

繰り返しますが、セットアップは、ハマってからの対処はしずらく、可能な限りハマらないように配慮することが肝要です。

危険を避け、楽しい渡航を心がけて下さい。

<▼▼▼ 気になったらポチっとお願いします! ▼▼▼>




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*