ピンチュー倶楽部おバカ定例会ご報告

さてさて、今回は当倶楽部のおバカ定例会のご報告です。
場所は関東の某地。
いつもの3人プラスメンバーのお友達が加わっての飲み会と相成りました。

ちなみに管理人の私は他県住みなので、わざわざこのために1泊で現地に滞在するおバカぶり。
私が住んでいる県は比較的都会。
で、こちらの県はどちらかと言いますと「田舎」の部類。
ただ、飲み屋街は「田舎」の方が間違いなく活気があります。

特に我々が大好きなピーパブということになりますと、これは間違いない。

都会のピーパブはダメ。。

高い・ブスばかりと良いことありません。

で、管理人の場合はもっぱり近県のちょっと「田舎」まで遠征しているわけであります。

しかし、ピーパブに限っていえば、確かに「田舎」の方が安いし可愛い娘も多い。
ほとんどが結婚で来日し、離婚後お水の世界へというのがパターンのようです。
ということは、やはり「田舎」へ嫁ぐババエが多いということでしょう。
しかしながら離婚率も多いのが国際結婚。
やはり文化の違いは色々と日常生活に障害を発生させます。
私も結婚こそしていないものの(出来ない)、現地にファミリーらしきものがあった時代(笑)に色々と文化の違いからくるFightを経験しました。
この件につきましては、またの機会に記したいと思います。

さて、某地の居酒屋で落ち合った我々いつものおバカ3人、3月のどすけべツアーに関するミーティングと称してあーでもないこーでもないとくだらない話しに花を咲かせます。

この「くだらない」ということがとても大切です。

日頃のウサを晴らし、ストレスを解消することを最大の目的とする我が倶楽部は、もうくだらない話ししかしないのです。
やれツアーの目標何発だの、現地のババエを紹介しろだの、みんなでアパートを借りてパラダイスを作るだの、現地にバイ♂を持ち込むだの・・。

IMG_0777

そういえば、以前現地にバイ♂を何本も持ち込もうとして、偶然にもマニラ空港の税関でバッグを開けられてしまい、カウンターの上にバイ♂を並べられ、泣きそうな顔で隣のレーンの私を見ていた輩がいました・・。もちろん他人のフリをしましたが・・(笑)。

ひとしきり盛り上がったところで、御一行様はお決まりの行きつけのピーパブへ。

このピーパブはかなり広い。

管理人は地元ではないため、馴染みのババエがいるわけでもなく、いつも成り行きに任せているのですが、今回最初についたババエがとても可愛く、すかさず場内指名。
聞くところによると28歳でバツイチ、5歳の子供あり、というところでしょうか。
しかしいつも満席ですね、この店。

IMG_0779

話しは変わりますが、ピーパブ行きましたらババエに「コンドーム」をあげて下さい。
さりげなく財布に忍ばせ、何かのついでに「あ〜、こんなものあったぁ」みたいにババエに見せると、必ず「頂戴、頂戴!」ということに!
何やら、「偶然に」「コンドーム」を貰うと、それは「ラッキー」ということになるそうで(笑)、みんな喜びます。ぜひお試しあれ。

しかし、ピーパブは何でこんなに楽しいのか!?

おそらく、普通のキャバクラではこうもいかないでしょう。

これは先天的に明るいフィリピーナの性格によるものだと思いますが、とにかくあけすけがなく、オヤジギャグであろうが、下ネタであろうが、巣でウケる・笑ってくれるところが我々オヤジ世代にはとても嬉しいことなのでしょう。弾けるような笑い方も気持ちが良いし、何よりもジジイでも年齢に関係なく普通に接してくれるところが嬉しい!
(現地でよくきくけど、彼女たちにとって「恋愛」に年齢は関係ないとのこと)
いい歳こいて、フィリピーナにはまる輩が多いのもこういうことなんだと思います。

このブログを読んでいる、いまだにフィリピーナを知らないおじさん。
ぜひ一度お近くのピーパブに足を運んでみてください。

人生を再度楽しめます!

◎◎◎◎ ▼▼気に入って頂けたらポチッとな▼▼ ◎◎◎◎




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*